手汗を抑えるために食事から改善

困った手汗を改善するための方法はいろいろありますが、一般的に多汗症と呼ばれるいわゆる汗かき症状の改善には食生活の改善が有効です。手汗の解消に有効な食生活について考えてみましょう。

 

手汗を防ぐ食生活

手汗を防ぐための食生活にはいろいろありますが、大まかな方針としては野菜をしっかり食べるというのが一番です。野菜にはビタミンやミネラルといった栄養素がたくさんあるために、自律神経の働きを正常化するので、精神性発汗による多汗症を防止します。また、水分の循環をよくして老廃物の排出も促すので、全身の調子がよくなっていきますので、それによっていい影響が現れます。

 

そして野菜の種類によっては体内に熱が溜まるのを防いでくれます。汗の機能は体温調節と毒素の排出ですから、汗が出る理由を無くしてくれるのですね。手汗を止める効果の高い食材をピンポイントで挙げるなら、大豆製品が良いでしょう。大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと同様の働きを体内で行いますが、女性ホルモンの効果のひとつに、発汗を抑制する作用があるのです。

 

暖かい食事はどうしても体温を上げやすく、発汗を促しますから、できれば冷奴や納豆などがオススメです。即効性を期待するようなものではありませんが、体質改善には有効なので覚えておくと良いでしょう。イソフラボンはサプリメントも多いので、活用すると良いかもしれませんね。

 

 

手汗を悪化させる食生活

手汗が出やすい人は、特に手汗が出ては困る場面の前には、発汗性のある食べ物は避けた方が良いでしょう。体質改善も大事ですが、やはり避けられるトラブルは避けたいですよね。発汗性のある食べ物とは、たとえばカレーやキムチなど、香辛料の多いものです。また、カフェインを含むチョコやコーヒーも交感神経を刺激しますので注意です。

 

当然ながら暖かい食べ物も汗が出やすくなりますので、冷たくするまではしなくても、お味噌汁などもある程度冷ましてから味わいましょう。そして、日常的には肉食が手汗をもたらす原因になりますので、動物性のたんぱく質、脂質を多く含む食品は避けるようにしましょう。多汗症の人には肉料理やチーズ、バターといった乳性品を好む傾向があります。

 

これらは体温を高め、発汗を促す作用がありますから、注意が必要で、また肉食動物と草食動物、どちらが獰猛かを見たらわかるように、人間も肉の食事が増えるとイライラしやすく、交感神経への刺激が指摘されています。肉類の多い食生活は神経機能の維持に必要なビタミンやミネラルが不足しやすいため、交感神経への刺激が大きくなり、異常発汗の原因となりますので注意が必要です。

 

関連ページ

手汗を抑えるための手術について
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
ツボと呼吸法で手汗を抑える方法
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
手つなぎデート前の手汗対策
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
冬になると手汗が酷くなるのはなぜ?その対策とは
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。