手掌多汗症とは?その原因は?

手掌多汗症というのは、読んで字のごとく手のひらにおいて生じる多汗症です。その症状は、少し汗がにじむというレベルから、盛んに水滴が生じるレベルまで様々。医学的にも治療対象とされている疾患のひとつで、診断から治療法まで、その対策が確立されているほど罹患者も症例も多い病気と言っていいでしょう。

 

手掌多汗症の原因

手掌多汗症の原因はハッキリ解明されているわけではありませんが、基本的に交感神経の機能に異常が生じて汗腺が刺激されていると考えられています。

 

交感神経は脳の視床下部から出る発汗指令を受けて、汗腺を刺激するのですが、緊張やストレスによって交感神経に異常が生じると、脳から出る指令と関係なく汗腺を刺激するようになって、「手に汗にぎる」と言われるような緊張からの汗(精神性発汗)をもたらすのです。手のひらから出る汗には温度調節の機能はほとんど無いために、精神性発汗から出る汗が手掌多汗症の原因と考えられています。

 

 

手掌多汗症の3つのレベル

手掌多汗症には3つのレベルが設定されていて、レベル2からは治療が推奨されます。

レベル1:手が頻繁に汗で湿り、光によって汗が認識できる。
レベル2:手が濡れていることが一目瞭然、目視で汗を確認できる。
レベル3:レベル2以上に盛んに水滴が生じ、作業中汗が滴り落ちることも多い。

といったような段階になっています。
もちろん、気温や時間帯、体調によってこうした症状には違いが出てきますが、平均的にこうしたケースに該当するようであれば手掌多汗症と診断されます。治療の推奨はレベル2以上ですが、レベル1だから治療は行われない、ということでもないので、気になる人は医療機関で相談してみましょう。

 

 

手掌多汗症で困る場面

手掌多汗症の問題は、本人は辛く感じているにも関わらず、多汗症の中でも比較的地味なこともあり、周囲の理解が乏しいことです。そのことがストレスや緊張を増幅させ、症状の悪化を招くこともあります。

 

手掌多汗症によって、

  • 作業中に物を滑らし落としやすい
  • 鉄棒運動などの際に手が滑りやすく危険
  • 他人と握手する際に気になる
  • 教科書やノート、書類が濡れてしまう
  • 恋人や子供と手をつなぐときに気になる

などのケースが考えられます。

 

こうしたケースによって、様々な場面で消極的になったり、気になって集中力が低下するためにパフォーマンスが落ちてしまい、その結果QOL(quality of life:生活の質)が低下してしまう可能性もあります。年齢によってはイジメの原因にもなりやすいので注意が必要です。たかが手汗と考えず、気になるようであればしっかり診断を受けましょう。

関連ページ

手掌多汗症の治療について
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。