手汗を診てもらうのは何科に行けばいいの?

病院に行きなれない健康な人にとっては、どういった症状で何科を受診するというのが分からないものです。ましては、手汗が気になるので・・・という場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

受診するなら

手汗や足汗といった症状が気になるのであれば、主に皮膚科や整形外科、美容形成外科などで対応してくれます。最近は発汗専用外来がある病院もあるそうですよ。時には、神経内科や診療内科で治療法を検討する場合もあります。

 

どうして全然違うように見える科で扱うことができるのかと言いますと、それは手汗が持つ独特の原因にあります。それは、手汗はただの汗ではなく、自律神経の問題によって起こる問題だからです。それぞれ、専門分野があってその分野から治療にあたりますから、自分のイメージにあった治療を行ってくれる科に通院するのが良いでしょう。

 

 

皮膚科での治療

皮膚科での治療においては、薬物治療やイオントフォレーシスが行われています。薬物治療では、塗り薬や神経遮断薬によって発汗をまず抑えます。根本治療というよりは、対処療法になるので、とりあえず汗を止めたい人向けです。人によっては、汗を止められるというだけでもストレスが緩和され、それによって手汗の症状が緩和されるということもあります。

 

イオントフォレーシスというのは、手を水道水に浸して微弱電流を流し、発生させた水素イオンによって細胞に働きかけ、発汗を抑制する方法です。特別な副作用もなく、麻酔なども不要で気軽に行うことが可能です。効果を実感するには繰り返しの通院が必要にはなりますが、保険適応となっているので、費用は比較的安価となるのが特徴です。

 

 

整形外科での治療

整形外科においては基本的に手術によって手汗の治療を試みます。主に行われているのは、内視鏡を用いたETS手術と呼ばれるもので、メスで3mmほどの傷を脇の下につけ、そこから内視鏡を挿入し、手のひらの汗腺を刺激している交感神経を切断します。

 

小さな傷で済み、体への負担も小さいために人気があり、手術も20分ほどで済みますから入院も不要なことがほとんどです。保険が出来王されるので、10万円前後で受けられ、確実な効果があるので人気です。デメリットとして他の部位からの汗が増える場合があるので注意が必要です。

 

 

美容形成外科での治療

美容形成外科では、ボトックス注射が行われることが多いです。ボトックス注射では、汗腺の機能を失わせることによって汗が出なくします。効果は永続はせず、半年もすれば元の状態に戻りますが、効果が安定していることや、定期的に行うことで汗を抑止できますし、体への負担も少なく気軽にできるのが特徴です。病院にもよりますが、一回あたり5万円〜10万円ほどになっています。

 

 

その他での治療

その他の科においても治療が行われることがありますが、精神科や神経内科では、心療療法と呼ばれるプログラムが行われます。これは精神的な緊張やストレスを緩和する方法を訓練したり、また自律神経の働きを正常化させるための様々な訓練方法や生活改善を指導します。即効性はありませんが、根本的な解決につながるアプローチです。

 

発汗専門外来では、上記のような様々な科で行われている施術を、一括で扱いながら体質や希望に合わせて治療法を選択させてくれるところが多いです。最新の治療法にも通じていますから、近くにあれば最適の選択股となるでしょう。

関連ページ

重層で手汗は止められる?
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
冷え性なのに手汗や足汗をかく原因と対策
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
自律神経とは?手汗の関係は?
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。