手汗 抑える 方法

手汗を抑える方法とストレスとの関係について説明しています。
MENU

手掌多汗症とその原因は?

人は実にいろいろな病気をします。
中には病気というほどではないもののあるかと思えば、生命にかかわる病気もあります。
では手汗をかく手掌多汗症とはどのようなもので、その原因は何かを見てみましょう。

 

広く多汗症というのは、腋の下や手のひら、足の裏や頭部などに大量に発汗する病気です。
そして日常生活をするうえで差し支えるほど大量に手汗をかくの手掌多汗症です。
手掌多汗症は(しゅしょうたかんしょう)」と読みます。
手掌多汗症は10代から30代の人が多く見られますが、
本人は意識できない幼少期から発症するケースも多いようですし、男女差はありません。

 

手掌多汗症と汗かきは違う

手のひらの多汗症は本人にとってはつらいので親や周囲の人に相談しますが、
多くの場合は「汗っかきの体質」で片付けられてしまいます。
そのため、性格が消極的になったり、集中力が低下したりと
精神的な負担を背負い込んでしまい、学業成績の低下やいじめの原因となる例があります。
手掌多汗症と汗かきは根本的に違うと認識しましょう。

 

 

手掌多汗症の原因は?

多汗症の原因は実は現時点ではまだはっきりとは解明されていません。
一般的に言われるのは交感神経が異常に活性化されて、
その結果が多量の汗の分泌につながるとされています。
手のひらの多汗症である手汗の出る量はいっていではなく、
時間帯や気温、さらにはストレスや緊張の度合いによっても異なります。
症状は、 レベル1では手が湿っている程度で、レベル2では手に水滴ができて、
見た目でも汗をかいていることがわかり、レベル3ともなると、手の平から汗が滴り落ちます。

 

このページの先頭へ