手汗を抑える方法とストレスとの関係

手汗を抑える方法とストレスとの関係について説明しています。
MENU

手汗を抑える対策と現代社会について

手汗の対策は簡単には治らないのが現実ですよね。
どんなに良い薬を塗ったところで、いざという時に手汗はかいてしまうものです。

 

そんな悩ましき手汗ですが、どういった原因があるのでしょうか?
対策していくために、まずは原因を探ってみます。

 

 

まずは肥満体系です。
少し太り気味の人が汗をかきやすいのはイメージできるかと思います。
手汗も全身の汗と比例して増えてくるものです。
発熱量が多いため、各部位から熱を放出するからですね。

 

また脂っこい食事やお菓子の摂取が多い場合も、手汗につながることがあります。
また辛いものや肉類が中心の場合も同じです。
野菜中心のメニューにすることが多汗症にも効果があるとされています。
ダイエットを進めつつ、普段の食事を見直すことも、検討してみましょう。

 

 

もう1つの大きな原因はストレスや精神的な部分です。

 

極度の緊張になると、多くの手汗がでます。これは特別な病気ではなく、普通なことです。
ただ、これらの交感神経が鈍くなったり、自律神経失調症の場合は、
普段から手汗をかくようになります。

 

病的な原因の場合は、医師に診てもらうのもいいかもしれませんね。
緊張による手汗の場合は、自分自身を落ち着けてリラックスすることで
緩和できることもあります。

 

ストレスの多い現代社会では、自分でコントロールするのは難しいかもしれませんが、
日頃からストレスを貯めないように気をつけましょう。

 

手汗を抑えるための対策あれこれ

手汗は量が多くない時はそこまで気に掛かりませんが、そこで留まらずに
どんどん増えていく事もあります。
手汗が多くない時は、医療期間に出向かずとも、
コンビニなどで入手できる制汗剤などに頼る方法もあります。

 

軽いレベルなら制汗剤で手汗は抑制可能

薬局やコンビニではスプレー式の制汗剤が売られています。
他には、パウダーを含有したクリーム式も存在します。

 

ですが根元的な治療薬品とは言えないので、持続性能はそこまで望めないようです。
加えて、多少でも手汗が悪化していると効用も弱くなるそうです。
しかし鞄などに容易に保管できますし、応急処置などには有効です。

 

ツボで手汗を抑制できる

手汗の要因の一種に精神面の緊張がありますが、
東洋医学発祥のツボを刺激する事で、手汗の発生量を減少させる事が可能です。
「合谷(ごうこく)」という名前のツボが、親指と人差し指の付け根部位に存在します。

 

このツボを緩やかに押すと手汗の発生を抑える作用があります。
即時性はないので、時間が確保できるときにこのツボを刺激するように心がけましょう。
習慣になる位に押し続ければ、手汗が気に掛からなくなるはずです。

 

ミョウバン水を手に塗布する手汗対策

ミョウバンは主に漬物に使用しますが、
ミョウバンを溶かしたミョウバン水を手に塗布すると、
その制汗効果により、手汗の発生量が減ります。

 

ミョウバン水の造り方ですが、50グラムのミョウバンを水1500ミリリットルに溶かし、
それを50倍に希釈します。

 

塩化アルミニウムを手に塗布する発汗対策

薬品の塩化アルミニウムを手に塗布すると、有効な発汗対策になってくれます。
副作用としては、かゆみやかぶれが考えられますので、
買う際は皮膚科にて処方箋扱いで売ってもらいましょう。

 

手汗抑制の漢方薬

即効性はありませんが、漢方薬で体質を良化するのも有意義と言えるでしょう。
手汗に効く漢方薬としては、柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)や、
桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)が存在します。

 

食事療法で手汗を良化

体質が要因の手汗であれば、食事療法が改善策になる可能性があります。
油分の多い献立や香辛料が多い辛いメニューを避けたら、
手汗が減ったという事例もあります。

 

さらに、納豆や豆腐などはイソフラボンを含有する大豆食品であり、
発汗を抑制する作用があると言われています。

 

手汗改善の注射や器具、手術で手汗を抑制する

あまり広まってはいませんが、手汗の治療器具が存在しますし、
ボトックス注射には効用が期待できると見られています。

 

また究極の選択肢ですが、
手汗の要因となる交感神経を手術で除去するという方法もあります。
手汗には非常に有意義ですが、相応の副作用も存在します。
何にせよこれらの手汗対策は独断で進めず、医療機関で医師に指示を仰ぐことが必須です。
手汗 抑える

 

メニュー

このページの先頭へ